« 一本の矢だけのアベノミクス | トップページ | 春ネギ出荷終了 »

「さくらの木」構想ってのがあったんですね

 本日は晴天なれど、畑のコンディションは回復せず・・・。

 今朝朝刊を読んでると、民進党は参院選での野党統一名簿に不参加との小さな記事。ふうん、そんな動きがあったのかといくつか記事を検索していると、一部の野党、議員のあいだでイタリアの「オリーブの木」にならって「さくらの木」と名付けた野党統一名簿構想があったんだそうですね。それだったらわざわざ民進党なんてこしらえることはなかったのにと思うのですが、民進党の一部議員に参画しようという動きはあったものの、党としては不参加を確認したとのこと。当然というか自然というか・・・・。

 記事によれば、今日8日に会合を開く予定だったそうですが、延期するそうです。小政党が集まって統一名簿で選挙に臨むのも、まったく意味がないわけではありませんが、野党第一党がいなきゃ画竜点睛を欠くことは否めません。

 しっかし、なんで桜が散り始めるころに「さくらの木」なんてネーミングの構想をぶちあげたのか? 参院選の時期を考えれば「ひまわりの花」くらいのほうがよかったのにとは思いますが・・・。

 

|

« 一本の矢だけのアベノミクス | トップページ | 春ネギ出荷終了 »

政治・政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/63455695

この記事へのトラックバック一覧です: 「さくらの木」構想ってのがあったんですね:

« 一本の矢だけのアベノミクス | トップページ | 春ネギ出荷終了 »