« 休みは病欠しかないのかい | トップページ | 育苗 »

覚醒剤って言葉に引っかかるなぁ

 急性咽頭炎で寝込んだ数日を除いて、昨年末から続いた白ネギ出荷もやっとこさひと段落。多少のんびりのここ数日。

 話は変わりますが、前々から覚醒剤って呼び方に大いに疑問があるのです。だって、辞書的意味は、目を覚ますこと、迷いから覚めること、自分の過ちに気づくこと、ですよね。

 だから、例えばキリスト教の信仰をより高めるための宗教運動を歴史上「覚醒運動」って呼びますし、日本の仏教界でも同様の意味で覚醒って言葉が使われていたと思います。

 むろん覚醒剤の使用って真逆の行為です。確かに目は覚めるのかもしれませんが、それは迷いと過ちを重ねた結果ですもん。

 本来は、過ちに気づき迷いを断ち、より高い境地に達するために信仰を深めようという取り組みこそ覚醒という言葉がふさわしいはずなのに、事実そうなのに、宗教者から声は上がらないのか???なのです。

 かつて、なんであそこをトルコ風呂っていうんだと、トルコ人青年が訴えたことで、名称が変わったこともありました、ソープランドという表現についてはともかくとしても・・・。

 ともあれ覚醒剤という表現によって覚醒という日本語が貶めてられていることは厳然たる事実なんだけど、表現を改める法改正をすべきという声がぜんぜん聞こえてこないのは摩訶不思議というほかありません。などと感じる僕はヘンなのかなぁ~。

 

|

« 休みは病欠しかないのかい | トップページ | 育苗 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/63235097

この記事へのトラックバック一覧です: 覚醒剤って言葉に引っかかるなぁ:

« 休みは病欠しかないのかい | トップページ | 育苗 »