« ピケティ氏への批判 | トップページ | 種まき »

腹腔鏡手術

 2年半前腎臓がんの手術を受ける際、一応説明はありましたが 「腹腔鏡手術のほうが早く退院できるし、10日ほどで普通に仕事ができますよ」くらいのことしか聞かなかったですねぇ。従来の腹部切開と比較してそれぞれの長所短所の説明を受けたうえで、主体的に手術方法を選択したなんてことはまったくなかったですし・・・。

 群馬大や千葉の例は極端でしょうが、がんの手術を受けた人を調査をしたばあい、懇切丁寧な説明があったという回答はむしろ少数派のような気がします。何の根拠もありません。自身の経験からそんな気がするだけですが。

 僕の場合、部分切除ではなく全摘(根治的手術と呼ぶそうですが)だったので、切る側からは比較的簡単なんで、説明もそれ相応だったのかもしれませんが。

 ともあれ、いまのところ再発、転移はなしということで、ひとまず安堵。次回検査は10月。

|

« ピケティ氏への批判 | トップページ | 種まき »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/61433852

この記事へのトラックバック一覧です: 腹腔鏡手術:

« ピケティ氏への批判 | トップページ | 種まき »