« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

おニュートラクター始動

 購入したのは1月末だったのですが、多忙で動かす機会がないままシートを被せたきりのトラクター。

 仕事も一息ついたので遅ればせながらの試乗。耕うん50アール、パーツをプラソイラ(心土作土壌改良機というそうで、天地返し的作業と心土を破砕するのが目的)に付け替え40アールが、とりあえずの初仕事。

 キャビン付きトラクターはやっぱり快適・・・、です。

 しっかし、 農業機械の中では汎用性のあるトラクターでもビンボー農家にはあまりにも高い買い物。ちなみに僕が購入したのは34馬力の比較的小型なのですが、それでもジュリエッタ(アルファロメオ。僕はイタリアの車が好きなのです)を新車で買うほうが安くつきます。どころかついでに中古ならフィアット500も買えちゃいます。

 とにかく儲からない割に元手がかかるのが農業の宿命だと割り切るのが賢明ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農機具のメンテ

 機械音痴の僕にはきついのですが、雨の日の作業にはもってこいの農機具を整備。

 とりあえずネギの土寄せ(元寄せ)などに使用する管理機3台をチェック。オイル交換やら、ゆるんだネジの締め直しといったさほど技量を要することでもないのですが・・・。

 次の収穫出荷は来週半ば以降になりそうなので、圃場整備やら追肥やらの作業をマイペースでぼちぼちの一週間になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種まき

 昨日はナス、ピーマン、小松菜、キュウリ、カボチャ、スイカ、メロンの種を直播き。

 畑の草を刈り、耕起はせず、そのまんま播種するところにクワを入れ、例えばカボチャなら、3メートル幅のスペースを取り、1.5メートルおきにクワを入れ種をまいていきます。小松菜のようにばらばらと筋蒔きにするものもありますが・・・。

 とまぁそれだけの作業なんですが、膝をついたまんまだったので、翌朝には両足の筋肉がパンパン。筋肉痛は職業病ですけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹腔鏡手術

 2年半前腎臓がんの手術を受ける際、一応説明はありましたが 「腹腔鏡手術のほうが早く退院できるし、10日ほどで普通に仕事ができますよ」くらいのことしか聞かなかったですねぇ。従来の腹部切開と比較してそれぞれの長所短所の説明を受けたうえで、主体的に手術方法を選択したなんてことはまったくなかったですし・・・。

 群馬大や千葉の例は極端でしょうが、がんの手術を受けた人を調査をしたばあい、懇切丁寧な説明があったという回答はむしろ少数派のような気がします。何の根拠もありません。自身の経験からそんな気がするだけですが。

 僕の場合、部分切除ではなく全摘(根治的手術と呼ぶそうですが)だったので、切る側からは比較的簡単なんで、説明もそれ相応だったのかもしれませんが。

 ともあれ、いまのところ再発、転移はなしということで、ひとまず安堵。次回検査は10月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピケティ氏への批判

 資本の収益率r>所得の成長率gである以上、資本所得と労働所得の差は拡大し、格差はますます拡大するってのがずいぶん琴線に触れるようで、一部の識者を除いて、とにかくピケティ氏の揚げ足を取ろうと躍起って雰囲気が漂っています。

 確かに、ピケティ氏は資本の意味を資産と同様に使用している面もあるので、「総所得に占める資本所得の拡大傾向を示すなら、所得の成長率と比較すべきは資本収益の成長率だ」とか(格差拡大の前提は)「資本所有者が収益を一切消費せずためること」なんて指摘されるのはいたしかたないかもしれません。でも、冒頭にある結論を過去のデータ集積で導き出したものの、まだ理論的に確立させたわけでないことはピケティ氏自身が認めているわけですから、この種の物言いをわざわざするのは嫌がらせのようなものでしょう。

 下世話な話ながら、どうも素直に受け入れられない背景には氏が処方箋として累進課税を提唱していることがお金持ちにはうっとおしく、加えてフランス社会党のブレーンというのが要は左派なんで気に入らないということなののでしょう。

 昨年来のピケティの日本に関する発言を読んでも、アベノミクスを否定するどころか大筋では理解を示していますし、少なくとも「マル経」への親和性などみじんも感じられないのですけどねぇ。

 むしろ、右派勢力の方々は、いま我が世の春を謳歌できるのは、海外(たとえばフランス)とはちがい、ピケティのような知を抱えることができなかった日本の左派の貧困のおかげでもあることに思いを致すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨のおかげで飛び石連休

 白ネギの出荷も4月アタマでいったん終了。次の収穫は月末なのでぼちぼち農作業をと思いきや、雨続きで農作業は3日おきのローテーション。おかげで一日の仕事はやけにあわただしくなっちゃいました。

 まぁ、晴耕雨読のマイペースな日々が激変したわけでもないし、相手が天候だと、人の気まぐれに振り回されるよりはストレスもたまりませんし・・・。が、お金も貯まりません・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »