« 全中が本丸じゃないけどなぁ | トップページ | 雨のおかげで飛び石連休 »

やらないよりマシの農協改革

 准組合員の農協利用に制限がなければ監査権限を取り上げられても我慢するという全中の判断は、案の定というか・・・。

 

 非農家の扱いが農協の生命線というブラックユーモアのごとき本質が今更ながらはっきりしたのに、ニュースでも散々全中を頂点にしたピラミッドを示して見せながら、なぜかその点だけはスルー。

 

 そもそも今回の農協改革が、農業の振興ひいては農家のためになるかどうかなんて問いかけ自体がナンセンスなのです。現在の農協は、農村地域を基盤にしてはいるものの、農業という産業とそれに従事する(生計を立てている)農家を基盤にした組織ではないからです。

 

 ちなみに民主党は「ピント外れ」と批判しているようですが、政府案が靴の上から足を掻くがごときものとはいえ、ピントどころかまるっきり方角違いの「戸別所得補償」で農業の再生をストップさせたのに比べれば、やらないよりはマシだとは思いますね。

|

« 全中が本丸じゃないけどなぁ | トップページ | 雨のおかげで飛び石連休 »

政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/61125413

この記事へのトラックバック一覧です: やらないよりマシの農協改革:

« 全中が本丸じゃないけどなぁ | トップページ | 雨のおかげで飛び石連休 »