« 猛暑のなか台風がやってきます | トップページ | キャベツの種まき »

農家って誰なの?ってことをはっきりさせなくちゃ・・・。

 ちょくちょく拝見している池上彰さんの学べるニュース。しょうもない政治討論よりよっぽど「学べる」のですが、今回のテーマ「日本の農業」については、う~ん・・・、って感じというか、はっきりいって噴飯物。

 もっともこの点は、別にこの番組が特別ぶっとんでいるんわけではなくて、マスコミの論調の多くに共通するものなのですが・・・。

 農業というのはれっきとした産業です。いちいち強調するのもあほらしい話ですが・・・。ともあれ、それならば農業政策とは農業という産業およびその産業に従事する人々への政策のはずです。これまたあたりまえのこと。もろんこの点は誰も異論はないはず。

 じゃあ、これまでそしてこれからなされようとする農業政策の最大の問題点はなんなのか。一言でいうなれば、自民党にせよ民主党にせよ、農業者もしくは農家と呼ばれる人々の定義を思いきり広げ、農業という産業に従事し「生計」を立てている人々すなわち専業農家に必要な政策をほぼやってこなかったかもしくはやろうとしていないことにあるのです。

 自民党の場合、既存の大規模農家を一定優遇しつつ、転作奨励金などなどで、農業をやろうがやるまいが生活に支障のない人々にも広く薄くお金をばらまき全体として農村票を維持することに腐心してきました。じゃあ民主党はといえば、それに上乗せしてとりあえず米作についてばらまく金額を増やしますよということ。もし政権交代の要因の一つに農村票の動きがあったとすれば、民主党がばらまき合戦に勝利したということでしょうか。

 話は変わりますが、農業というのは決してなまやさしいものではないとよくいわれます。ならば、役所や会社勤めのかたわら農業を営むことができるのでしょうか。しかし、現実の農業政策は片手間に農業をやっている「農家?」にピントがあわされているのです。民主党政権になってその性格がますます強くなっています。

 農業政策は農業で生計をたてている農家に対する政策であっては決してならないという点だけが自民党、民主党の共通認識なのかもしれません。

|

« 猛暑のなか台風がやってきます | トップページ | キャベツの種まき »

政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/49391181

この記事へのトラックバック一覧です: 農家って誰なの?ってことをはっきりさせなくちゃ・・・。:

« 猛暑のなか台風がやってきます | トップページ | キャベツの種まき »