« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

猛暑でネギが腐り始めました

 春先までの天候不順で生育が遅れたうえに、ドバドバ雨が降り続けた梅雨明けは連日の猛暑。

 当然作物によい影響があるわけなく、スイカは病気(炭そ病)にやられ、無農薬でこしらえたカボチャは蔓が枯れ始め、ネギも腐敗が進行、出荷できる元気なものはだいたい7割ほど。加えてせっかく土寄せした畝が長雨で削り落とされ、軟白部の短い優品(夏ネギの場合は28センチ以上白い部分があれば秀品となります)ばかりとなってしまいました。

 早朝と夕方の2回ネギを収穫するのですが、それでも暑いことには変わりなく、汗だくになって、いまひとつのネギばっかし掘りとる日々なのであります。もっとも疲労感は倍増しますが、風呂上りにのどをうるおす焼酎のロックが、普段より旨く感じもするのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カボチャの出荷

 5日ぶりに白ネギを出荷したあとは、カボチャを収穫。有機JASに沿って化成肥料、農薬などは使わず栽培したのですが、当然ながら収量は慣行栽培に比べて少なめです。

 とはいっても自分で食べきれる量ではもちろんないので、近くにある二つの青果市場に計250個出荷。お値段のほうはずいぶんお安いはずです。むろんカボチャで一儲けしようなどというつもりはさらさらなく、有機栽培の実験のつもりなので、費用の何割かを回収できればと気楽なもので、値はさほど気にとめてはいませんが・・・。

 次は秋、キャベツに挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨のおかげでさんざん・・・。

 梅雨だから仕方ないといえばそうなのですが、数日来の雨で、ネギ畑は水に浸かり悲惨な状況。おそらく相当根がやられてしまうでしょう。さらに悲惨なのは、ある程度すくすく成長したネギでさえ雨にさらされ横倒しになり、畑の約5分の1程度がおじゃんになってしまったこと。

 ちなみに、雨上がりののち晴れと高温が続くと、軟腐病をはじめやっかいな病害が待ち受けています。

 豪雨のおかげで収穫ができず出荷はストップするは、ネギはさんざんな被害をこうむるわで、ここ数日は不本意な連休を過ごしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »