« ネギ畑が大変 | トップページ | 遅れがちな農作業 »

連休分散化

 コブシを振り上げて「ゼッタイハンタイ!」って叫ぶほどでもないですが、政府のエライ人たちの知恵にしてはずいぶん貧相だなぁ~ってのが第一印象の連休分散化案。

 全国を5ブロックに分け、春と秋の2回5連休を創設、ブロックごとに日程をずらして実施すれば、従来の大型連休の混雑解消やら、観光需要拡大、観光地での雇用安定を図ることができるそうなのです。百害あって一利なしなどと酷評するつもりはありませんが、その前にやることがあるんじゃないのとは思いますねぇ。まずやるべきは有給休暇を100%消化できるよう制度を改めるなり、フランスやドイツのように連続休暇取得を制度化することではないでしょうか。

 ちなみに農業を営む者にはお盆もゴールデンウィークももともとさほど関係ありませんが、気になるのは卸売市場の動向です。当然5日間市場ルートでの生鮮品の供給がストップするわけですから、とりわけ都市圏では野菜の品薄ってことが起こりえますし、年末年始のように全国の市場が休むわけではないので、どんな相場変動が起こるのかも気がかりです。例えば、市場が休んでいる地域からそうでない地域の卸売市場に農産物の出荷がシフトされると、一方では品薄となりもう一方では供給過多となって卸値が下落してしまうことも考えられます。となればしわ寄せは生産者がかぶることになります。

 サラリーマンじゃないから関係ないやと見過ごしてしまうと、あとで割を食うはめになるかもしれません。

|

« ネギ畑が大変 | トップページ | 遅れがちな農作業 »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/47766045

この記事へのトラックバック一覧です: 連休分散化:

« ネギ畑が大変 | トップページ | 遅れがちな農作業 »