« ネギの収穫・出荷で大忙し | トップページ | 仕事納めがないまま新年へ »

説明責任をまったく果たしていない鳩山首相

 「私腹を肥やしたわけではない」とは鳩山首相の弁。そりゃそうでしょう。もともと肥えているわけですから。それに、ビンボー人からすれば、一生涯、手に取ることはもちろん見ることもない金額でも、鳩山さんは突き抜けたお金持ちですから、「お母さんが12億6千万円を内緒で呉れていたとは知りませんでした」というのもホントのことなのかもしれません。まして収支報告書に虚偽記載があったなどというお話など、自身の資金管理団体にいくらお金があるかなど気にも留めていなかった御仁にとっては、ウソかホントかなど以前のことかもしれません。

 おそらく鳩山さんは昨日の会見では、ウソは言わなかったんだろうと推察します。が、政治家として説明しなければならないことは残念ながら満たしているとは認められません。今回の一件は刑事上鳩山さんはセーフです。が、政治家まして首相である以上それがイコール道義上もセーフとはなりません。なぜなら、そのお金の使途についてまったく説明がなされていないからです。

 なんに使ったのですか? と問えば、抽象的には政治活動に使いましたということになるのでしょうが、鳩山さんにとっての政治活動とは、自ら宰相となることを十分すぎるくらい想定した上での政治活動であったはずです。となれば偽装献金は宰相の座をかちとるための原資だったといって過言ではありません。もし鳩山さんが具体的に説明しないままなら年明けの通常国会で野党はきちんと追及すべきです。この点は過去の勇ましい発言と今回の対応との乖離などという問題よりもずっと重要な論点です。

 政治家の力の源泉の一つが資金力にあることは否定できません。おそらく現在も。しかし、例えばかつての田中角栄元首相は金の力を最大限利用した政治家でしょうが、その資金力は集金力であって、身銭を削っていたわけではありませんでした。だから良いというわけでは決してありませんが、少なくとも田中角栄が金を集めることができたのは政治家としての力量の裏打ちがあったからです。くどいようですが、1億円の献金をしたら2億円の利益が見込めるから献金をする企業団体があってそれに応える政治家がいるという構造それじたいが極めて不健全なのは言うまでもないことです。しかし、政治家としての力量の裏書がなくてもその人自身の持ち金に遊んでいる資金があれば宰相たり得るなどという構造は不健全以前のお話ではないでしょうか。

 今回の偽装献金問題は、単なる金銭スキャンダルではなく、日本の政治構造を問い直すという課題を、はからずも首相自ら提供したのではないでしょうか。

|

« ネギの収穫・出荷で大忙し | トップページ | 仕事納めがないまま新年へ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/47114724

この記事へのトラックバック一覧です: 説明責任をまったく果たしていない鳩山首相:

« ネギの収穫・出荷で大忙し | トップページ | 仕事納めがないまま新年へ »