« ネギの定植はひっぱりくんが大活躍 | トップページ | サツマイモの収穫 »

はっきり言ってくだらない戸別所得補償

 事業仕分けのニュースに隠れてしまっている感が否めませんが、民主党マニフェストの目玉のひとつだった農家への戸別所得補償の概要が明らかになりました。

 ちなみに中身は、「くだらない」の一言に尽きます。

 あくまで試験的なものにせよ、「所得補償」と銘うって5600億余もの概算要求をしているわけですから、少なくとも農家の生活向上を通じて農業の再生に資することが説明されなければならないはずです。

 しかし、農水省の配布資料や大臣会見の中身などをみても、そもそもの政策目的がどこにあるのかすら不明瞭といわざるを得ません。

 所得政策それじたい必要なことはいうまでもありません。しかし大臣会見では、「実際には、より多くの方たちに参加していただけるのではないかというふうに思ってまして、180万プラスアルファということで、今まで、いろいろな共済に入ってない方たちも含めて、ちゃんとした手続きを取れば、新たに入ることはできるということで、かなり多くの参加が見込まれるんじゃないかということで、そういうふうな仕組みを作ったつもりです」などと、要は、できりだけたくさんの農家にお金をあげるよ、という点を強調しているだけなのです。

 ちなみに農家の分類には、主業農家、専業・兼業農家、販売農家などさまざまな定義がありますが(その詳細はここでは省きますが)、農業で生計を立てている農家が全国に180万も存在はしないという事実だけははっきりさせておかなければなりません。農水省のデータからすればおおよそ30万前後でしょう。じゃあ残りの150万の農家は農業一本でやりたいけれどそれが無理なので仕方なく他の仕事をしているのでしょうか? 決してそうではありません。別に安定収入を得ながら農家の側面を持っているとか、安定収入を持っている家族(例えば公務員や会社員の息子)と同居しながら年金をもらいつつ耕作している高齢者といった例はかなりの数にのぼるはずです。

 これらすべてに「所得を補償」するっていったいどういう意味があるんでしょうか。というよりこれを「所得補償」と呼ぶべきなのでしょうか?

 農業で生計をたてている、もしくはたてようとする農家にピントを合わせてこそ本来の所得補償であるはずです。例えば、有機農業など環境保全型農業と呼ばれるものは、有機生産物じたい市場価格が形成されていないことや、慣行栽培に較べて労働時間が増える一方で収量減になるというハンディがありますから、米に限らず環境保全型農業に対して直接所得を補償するというのもひとつです。もっとも所得補償にこだわらず補助金でも構いません。

 が、補助金はバラマキでだめだが所得補償はそうではないといったまったく本質的ではないところで金の出し方の良し悪しが論じられているのは実に嘆かわしいことです。肝心なのは支出した金に見合った効果があるのかどうかであって、財政支出のやり方の問題ではないのです。

 ただ、こんな調子で政府の所得補償に疑問を抱くことじたいくだらないことなのかもしれないと、ふと思うのです。というのは、要するところ自民党政権時より民主党政権のほうが気前がいいということさえアピールできればいいというのが、今回の所得補償の要諦だと理解すればなんの不審もないからです。これまでの農政が農業をひたすら衰退させてきたという批判のうえにたって新政権は農業再生に目的意識的なんだと期待することに何の根拠もないのですから。

 ともあれ、農業の衰退どころか滅亡を加速させるのではという不安が杞憂に終わり、せめて「よりまし」の水準はクリアして欲しいものだとささやかに願いつつ、農政全般の展開をとりあえずは見守ってゆきたいと思います。

|

« ネギの定植はひっぱりくんが大活躍 | トップページ | サツマイモの収穫 »

政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/46739273

この記事へのトラックバック一覧です: はっきり言ってくだらない戸別所得補償:

« ネギの定植はひっぱりくんが大活躍 | トップページ | サツマイモの収穫 »