« 白ネギ定植もいよいよ大詰め | トップページ | ネギ定植完了! »

白ネギの施肥設計

 なにせ初心者ですから、これでいいのかどうか不安なのですが、今回定植する4ヶ所の畑には2つのパターンで元肥を入れました。

パターンA

 豚糞1000キロ。尿素、塩化カリ各2キロ(生育が遅れていた苗に定植後施用)。

パターンB

 石灰窒素60キロ(センチュウ対策として元肥を入れる前に施用)。豚糞400キロ。苦土重焼燐15キロ。

 それぞれ10アール換算ですが、パターンAは約1年放置されていた畑、Bは前の収穫から半年程度経過した畑に施したものです。

 追肥は、複合肥料を使うか、単肥を組み合わせるか、ただいま思案中です。

 一応、窒素、リン酸、カリについてはだいたいの施用量を計算したものの、実際ちゃんと生育するかどうかは蓋を開けてみないとわかりません。

 当分、手探り状態が続きそうです。

|

« 白ネギ定植もいよいよ大詰め | トップページ | ネギ定植完了! »

ネギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/46882461

この記事へのトラックバック一覧です: 白ネギの施肥設計:

« 白ネギ定植もいよいよ大詰め | トップページ | ネギ定植完了! »