« 同意人事を矮小化するな | トップページ | 問責決議案の先送り »

福田首相の奇妙な余裕

 衆議院の再可決で税制関連法が成立、明日から暫定税率が復活するのは周知のとおり。

 為政者は国民世論に忠実であるべきことなどいまさら強調するまでもないことですから、彼我の状況を冷静に判断すれば、再可決はすべきではなかったはずなのですが・・・。

 ですが、僕には、福田首相のコメントを聞いていると、なにやら奇妙な余裕すら感じられるのです。とくに根拠があるというわけでもありません。政治家にありがちな脂っこさがないという僕の福田さんへの印象がそう感じさせるだけなのかもしれません。

 もっとも、野党側にすれば参議院で問責決議をあげ、国会審議をストップさせるという手段しかないのですから、福田さんは「どうぞご随意に」という構えなのかもしれません。しかも皮肉なことに衆議院山口二区補選での野党の勝利が、ともかく解散を回避するという一点で与党内がまとまる結果を生んでいます。

 不人気の福田内閣で解散などすれば与党にとっては自殺行為ですし、仮に総理の首をすげ替えるにしても、虎視眈々とポスト福田を狙っている方々も選挙管理内閣ではご免こうむりたいということになるでしょう。

 与党の選択肢は、支持率が下がろうが内閣を支える以外にないという事態にあることを福田さんはよく知っているがために、淡々としていられるのかもしれません。

 ばかばかしいお話ではありますが・・・。

|

« 同意人事を矮小化するな | トップページ | 問責決議案の先送り »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/41045975

この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相の奇妙な余裕:

« 同意人事を矮小化するな | トップページ | 問責決議案の先送り »