« 「靖国」騒動 | トップページ | 保守の多様化 »

福田首相に再議決はできない

 僕が気遣う筋合いでもないのですが、もし福田首相に政権維持の意欲があるならば、一度失効した暫定税率を復活させないことです。

 もちろん3分の2の衆議院再議決は可能です。ただし直近の民意は昨年の参院選の結果ですから、それ以前の結果をたてに再議決を行うことには禁欲的であるべきです。

 また、この間の国会の混乱について世論は与野党双方に責任ありと判断していますし、再議決をしなかった場合、その予算を見込んでいる自治体からの批判はあるでしょうが、世論はむしろ歓迎するでしょう。

 ねじれ国会では、一定野党の要求を呑むことが政権を維持するコツでもあります。まして世論の動向がはっきりしている場合は無理押しをしないことです。

 負けるが勝ちという言葉もありますが、世論にある程度忠実に政権運営をしていれば、政権交代がなくても構わないという空気も生まれてきます。民主党にしてみれば、政府与党が野党の要求を突っぱね続けることのほうが都合がいいわけですから、少々弱腰に映っても、野党の要求をも取り込んでしまうことのほうが、むしろ与党側には有利に作用します。

 内閣支持率が危険水域に達しているのですから、政権を投げ出したくないのであれば、支持を回復させるための知恵を働かせるべきなのです。野党側が「その点は評価せざるを得ない」という調子のコメントを出さざるを得ない提起を続ければ、世論の動向も変化するでしょう。

 いずれにせよ、いまなにが国民にとってプラスかを見極めてもらいたいものです。

|

« 「靖国」騒動 | トップページ | 保守の多様化 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/40774132

この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相に再議決はできない:

« 「靖国」騒動 | トップページ | 保守の多様化 »