« 中選挙区の遺産 | トップページ | 福田首相の奇妙な余裕 »

同意人事を矮小化するな

 総裁不在がやっと解消されるのはそれじたい歓迎すべきですが、あきれ果てたのが同意人事をめぐる民主党の対応。

 当初は武藤副総裁の昇格でも了としていた小沢代表が、何を思ったのか財務省出身者はすべからく天下りゆえダメと言い出すや、党内反小沢の面々は、財務次官だった武藤氏には財金分離の原則を理由に反対していたのに、財務官だった渡辺氏の副総裁就任は「好印象だった」から容認すると言うんですから、空いた口が塞がりません。

 日銀人事を政争の、それも党内の覇権争いの具にするのですから呆れてしまいます。いくら真剣に検討したんだと強弁しても、各々の主張に一貫性がなく矛盾しているんですから、お話になりません。

 政策論議を政局論で磨り潰してしまう姿勢では国民の信頼を得られないことにそろそろ気づくべきでしょう。早期解散に持ち込むために政府与党に揺さぶりをかけるのは、野党の常套手段ではありますが、本当に民主党が政権を獲るつもりなら、政策の優位性を満天下に示して揺さぶるべきです。その姿勢がない限り、そもそも国民は早期解散を望まないのではないでしょうか。

 福田内閣がダメだからではなく、野党がより優れているという世論の支持がない限り政権交代など儚い幻想に終ってしまいます。

 もっともこのままでは福田内閣延命にもっとも貢献しているのは民主党ってことになるでしょう。 

|

« 中選挙区の遺産 | トップページ | 福田首相の奇妙な余裕 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/40824871

この記事へのトラックバック一覧です: 同意人事を矮小化するな:

« 中選挙区の遺産 | トップページ | 福田首相の奇妙な余裕 »