« 元社長? | トップページ | 寝台急行「銀河」廃止 »

円高

 円高というよりもドル安がといった方がより正確だと思いますが、ここ数日の為替相場はむろん日本経済の先行きを考えたとき安閑とできるものではありません。

 ただ、今回の場合冒頭で触れたように、アメリカ経済の行き詰まりが露呈したわけですが、日本の輸出産業は対米貿易のみに依存しているわけではありませんかし、個々の企業間に当然差はあるでしょうが、ドル安への免疫もできているでしょう。また原油などの輸入部門は若干一息つけるのかもしれません。

 株価の下落も、そもそも海外市場が日本企業への関心を失いつつあるということが問題で、円高が主要因ではありません。

 総裁人事でもめている日銀も慌ててドル買いに走ることもないでしょう。

 ちなみにグローバル経済のなかで、この種の問題はむしろいつあっても不思議ではないと考えておくべきでしょう。もちろん企業はそれなりの経験を踏まえ工夫はこらしているはずです。しかし、重要なのは内需です。企業が利益をあげているのに国民消費に反映しない現状こそ打開すべきなのです。

 内需を軽んじ海外で儲けて帳尻をあわせる経済は、円高になろうが円安になろうが、もともと脆いのです。

|

« 元社長? | トップページ | 寝台急行「銀河」廃止 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/40499442

この記事へのトラックバック一覧です: 円高:

« 元社長? | トップページ | 寝台急行「銀河」廃止 »