« 橋下知事の常識的発言 | トップページ | 田中秀征氏の慧眼―「政界再編へ第三極結集を」を読む »

自費出版

 出版不況の中で、自費出版ビジネスが盛んになっています。ただし、甘言を弄しすこぶる高い費用を要求されることもままあるそうで、訴訟などトラブルも頻発しているようです。

 ちなみに最近、新風舎の経営が悪化、破産手続のうえ同じく自費出版大手の文芸社に営業譲渡されることとなりました。だからといってすでに払い込んだ出版費用が戻ってくるわけでもありません。破産しちゃったから取られ損ということです。

 三代噺めいてきましたが、実は僕も文芸社から自費出版をした経験があります。中身は政治モノではないですよ。れっきとした?小説なんですけど・・・・・。

 懸賞にあっさり落ちた原稿を持ち込んだのですが、確かにそこそこの費用はかかりますが、まああんなもんだろうって感じでした。だいたい自費出版が大々的に取り上げられベストセラーになるわけがないんですから、ある程度割り切っておく必要もあるでしょう。いくばくかの間本屋にも並んだようですし、一応新聞広告も掲載してくれましたから、まあ十分でしょう。

 ただ驚いたのは、買ってくれた人がいたことです。といっても数百冊ほどですけれど。べつに誰かに押し売りしたわけでもないんですが、奇特な方もいらっしゃるもので、おかげさまでお年玉程度の印税も頂戴しました。

 というわけで、ブログやメルマガで恥ずかしげもなく駄文を書き連ねつつ、夜になれば応募用の原稿書きにいそしむ今日この頃です。

|

« 橋下知事の常識的発言 | トップページ | 田中秀征氏の慧眼―「政界再編へ第三極結集を」を読む »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/40463187

この記事へのトラックバック一覧です: 自費出版:

« 橋下知事の常識的発言 | トップページ | 田中秀征氏の慧眼―「政界再編へ第三極結集を」を読む »