« 生きた政策を実現するために | トップページ | 橋下知事の常識的発言 »

金融政策はどこへいった

 「財政と金融の分離」をいまさら声高に言う必要もないことです。日銀の独立性を担保した日銀法改正からすでに10年。政府と日銀は意思疎通を図りながらも、金融政策は日銀の専管事項ですよ、ということは法律で定められたことなのです。

 この一点において、財務事務次官を務めた武藤さんが総裁候補になること自体、武藤さんの見識云々以前におかしな話なのです。というよりそもそも副総裁だったこともイレギュラーと言うべきなのです。

 ただ低金利政策を福井総裁とともに進めた御仁だから総裁昇格などもってのほかだという反対論もありますが、この点については、金融政策の選択肢を狭めてしまった政府の「構造改革」こそが問題の本質であって、総裁、副総裁が誰であれ、日銀に責任を押し付けるのはアンフェアです。不良債権処理によって金融機関のバランスシートは帳簿上改善しましたが、資金需要をさらに冷え込ませると言う副作用に政府は無策だったのです。結果金融機関に滞留した資金はサブプライムローンに向かい、またぞろ焦げ付きを生み出すことになっています。需要を喚起する政策をおろそかにした政府こそ断罪されるべきなのです。

 ちなみに政府の対応も不可解です。国会同意人事では衆議院の優越が認められませんから、参議院で否決されればご破算になることがわかっているのに、否決が確実な人事を提示するのですから、わざわざ自分の首を締めるようなものですから。

 ともあれ、金融政策を政争の具にしてしまうなど、天に唾する行為です。

|

« 生きた政策を実現するために | トップページ | 橋下知事の常識的発言 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/40416189

この記事へのトラックバック一覧です: 金融政策はどこへいった:

« 生きた政策を実現するために | トップページ | 橋下知事の常識的発言 »