« 「一石三鳥」 | トップページ | 2008年は「優」で »

日中首脳会談

 日中首脳会談で驚かされたのは、中国側の福田首相への厚遇ぶりです。

 要するところ、中国は「日本は福田内閣でいいよ」ってことのようですね。

 理由はわかりませんが、少なくとも小泉、安倍両氏に比べて「常識的」とみたのかもしれません。実際福田首相の北京大学での講演要旨を一読する限りですが、例えば「自らの過ちに対する反省と、被害者の気持ちを慮る謙虚さを伴ったものでなくてはならない。過去をきちんと見据え、反省すべき点は反省する勇気と知恵があってはじめて将来に誤り無きを期することが可能になる」という言い回しなどは前、元首相は決して述べることなどなかったでしょう。

 もっとも、成果ほどのこともなく、あえて言えば胡主席の来日までに東シナ海ガス田問題を決着させるという点ぐらいですが・・・。 

 中国脅威論を声高にぶつ面々を抱えている民主党より福田首相の方が中国にすれば安心というお墨付きをもらったことは、それはそれで政権の安定と存続のポイントであることは確かです。対米従属を続けるかぎり中国が脅威であることなどあたりまえのことですが、少なくとも福田首相は平身低頭することなくかつ融和的姿勢をバランスよく演出したことは与党サイドからすれば一応合格点というところでしょうか。

 実際、野党としても今回の訪中を批判し尽くすだけの材料がさほどないのは正直なところです。

|

« 「一石三鳥」 | トップページ | 2008年は「優」で »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/17523584

この記事へのトラックバック一覧です: 日中首脳会談:

« 「一石三鳥」 | トップページ | 2008年は「優」で »