« ベロニカは死ぬことにした | トップページ | 筋の通らない法人税減税 »

悪法成立のための会期延長?

 悪法成立のためにそんなに力まないで欲しいものですが、安倍首相は、「強い意志」で公務員制度改革関連法案の今国会成立を期し、この期に及んで会期延長を言い始めました。

 法案の論点はいくつかありますが、「目玉」とされる一つがいわゆる官僚の天下り規制。が、しかし、中身は看板に偽りありどころか、まるっきり話が逆さまなんですね。要するところ、官民癒着を法律で保障しちゃうってシロモノなのです。

 これまで各省庁が勝手に天下りをあっせんしていたのはよくないので、「官民人材交流センター」ってのに一本化するというのですが、いったいそれでなんで天下りが規制されるのか、まして官民癒着がなくなるのか、さっぱりわかりません。要は、天下り斡旋を一本化するだけのことですもんね。そうすれば官民癒着がなくなるどころかむしろ円滑な癒着が実現することでしょう。だいたい天下りを規制するというのはまさにそれを規制することが必要なわけで、天下りのシステムを変えるだけの法律がなんで規制になるのかなんて、ちょっと考えればわかることです。

 官僚にとっても、企業や政府関係法人にとっても使い勝手のいい制度をこともあろうに天下り規制の名目でこしらえるなど、国家百年の大計を歪めるものにほかなりません。

 この法案を押し通すことが内閣の起死回生と思っているのなら、ずいぶんとおめでたい話ですが、会期延長が現実味を帯びているいま、野党は廃案にむけて結束すべきところですし、場合によっては衆参ダブルも辞さずという強い姿勢で対峙すべきです。

|

« ベロニカは死ぬことにした | トップページ | 筋の通らない法人税減税 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/15476425

この記事へのトラックバック一覧です: 悪法成立のための会期延長?:

« ベロニカは死ぬことにした | トップページ | 筋の通らない法人税減税 »