« 小沢さんて討論下手ですね | トップページ | 参議院のあるべき姿 »

空中庭園展望台

 「庭園」だというもんですから、枯山水なんぞがしつらえられていると思ったのですが、要は屋上なんですね。といっちゃうと身もフタもないのですが、通天閣に登れば眼下に大阪が一望できるなんてのはわんすあぽなたいむとあいなった、いまや高層ビルが林立する大阪で、ひときわ目立つ梅田スカイビルの「空中庭園展望台」にて360度の夜景を楽しんだのです。

 地上170メートルといいますから、高層ビルとしてはそんなに高いほうではないのですが(確か東京都庁は200メートルをゆうに超えていたはずですし)、ネーミングがいいんですね。空中庭園なんていわれちゃうと、なんかラピュタの世界に引きこまれて空中を実感したような気分になっちゃいますから。あっと、ラピュタは天空だったけど・・・。

 カップルも多くて、ベンチを占領しておりました。ムードを盛り上げるにはなかなかなもんなんですが、夜景を楽しんだあと、軽く呑んで、そのあと・・・・、というには、梅田の中心街までのアクセスが悪いんで、てくてく歩いているあいだに現実に引き戻されて醒めてしまうかもしれませんね。 まあなにはともあれ、さしておもしろくもない現実の星屑でさえ、高いところから見下ろすとなんとなく感動しちゃうってのは、人間は意外と単純にできているからなんでしょうね。

 ちなみにわたくしめは、十数分後、空中からさしておもしろくもない現実の星屑に戻り、焼肉をついばんでおりましたとさ。

 小市民のささやかな休日でありました。

|

« 小沢さんて討論下手ですね | トップページ | 参議院のあるべき姿 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/15299407

この記事へのトラックバック一覧です: 空中庭園展望台:

« 小沢さんて討論下手ですね | トップページ | 参議院のあるべき姿 »