« 安倍首相に憲法を論じる資格はない!? | トップページ | パッチギ! »

地域格差問題の陥穽

 安倍首相はぜんぜんその気がないみたいですが、7月の参議院選挙で野党側は格差是正を一大争点とするでしょう。そのことは僕も当然だと思います。

 ただ、都市と地方の格差を取り上げる場合に、注意しておかないと大変な落とし穴に嵌ってしまう危険があることに、とりわけ政府・与党を追及する側は自覚的であるべきです。

 もちろん僕も、県民所得、有効求人倍率などの格差拡大と、それらが低い地域ほど完全失業率が高いといったことをみれば、地域間格差是正は喫緊の課題だと考えています。しかし、問題はその処方箋です。

 税財源の移譲などといった基本的な方策は当然主張すべきなのですが、政治が地域間格差を強調するその手法が極めて古典的だということに注意を払うべきなのです。

 というのは、今も昔も、地方がしんどいのは、なによりも人とカネを集積する主要な産業がないというのが大きな要因だからです。となると、てっとりばやい地方の振興策はなんだといえば、公共事業ってことになってしまうのです。僕は公共事業イコールムダとは考えませんし、住民にプラスになるとりわけ生活インフラ整備にピントを合わせて公共事業を展開する意義はあるとも思います。が、一方で、事業の質ではなく請け負う金額が第一義の地元業者が存在するという現実から目をそむけるわけにはいかないのです。となれば、地域格差問題の解決が地元ゼネコンへの利益誘導に短絡されてしまう危険は常に存在します。

 参議院選挙では1人区の攻防が与野党逆転の鍵を握っていることはいうまでもありません。そこで都市と地方の格差を強調することは改憲を主張するよりよっぽど有効だろうとも思われますし、現実に前者のほうが国民にとっては切実な課題です。しかし先に述べたように格差是正が矮小化されることをつねに意識しながら、その方策については慎重な検討と提起が必要だということも付け加えておきたいのです。 

|

« 安倍首相に憲法を論じる資格はない!? | トップページ | パッチギ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/15021619

この記事へのトラックバック一覧です: 地域格差問題の陥穽:

« 安倍首相に憲法を論じる資格はない!? | トップページ | パッチギ! »