« 国民投票法案成立へ | トップページ | 政治活動における格差 »

中国の外交に思う

 「氷を溶かす旅」と表した中国温家宝首相の来日。やはり中国はしたたかだとの印象が強く残るものでした。

 温首相の国会演説が実に格調高いものであったことは、誰しも評価するところでしょう。微妙な政治問題を文章の表現力で見事に包み込み、中国がいかに外交において他国の立場を慮っているか、さまざまな歴史的経緯にも寛大であるかと印象づけたこと、そして覇権主義的な中華思想が少なくとも字面には微塵もないことは、かなりポイントが高いものでした。

 日本の対米外交は「同盟」、対中は「互恵」というやや分かりにくい言葉の使い分けですが、端的に言えば、安保条約を結んでいるかどうかがということでしょう。中国側がしたたかなのは、実態はともかく、また日本側がどう認識しているにせよ「互恵」関係を「日米同盟」と同水準のものと対外的に印象付けたことです。

 これに比して日本のアジア外交は中国に見劣りすると言わざるを得ません。ただ、日本の場合、あくまでもアメリカのアジア戦略がまずあり、それを前提にして日本の役割がどうかということでしかアジア外交が展開できない、もしくはしてこなかったということにほかなりませんが。ただ、今後アメリカがそうした役割を日本に期待し続けるのかどうかは微妙です。というのは、米中関係においてアメリカが切るカードとして日本が必要な場面はほとんどないと想定されるからです。

 そのあたりを十分見極めて友好ムード一色に演出したのが、中国だったといえるでしょう。

 脱亜入欧をキーワードにした日本の近代化からすでに百数十年、まして「日出ずる処の天子、日没する処の天子に書を致す」などという緊張感ある外交は歴史教科書の記述のなかにしかありません。外交下手が身上の日本にとって「戦略的互恵関係」の「戦略的」が中国ペースのものになれば、中国の経済発展のために「無償の愛」を提供することにもなります。あくまで「互恵」であるならば、日本としての「戦略」を構築すべきですし、そのための障害は取り払うべきです。他国との緊張関係は決して軍事面だけではないのです。むしろ平和秩序の構築の過程でこそ、外交戦略を見極めるとともに国益について考えるべきでしょう。

 入亜のための日本の戦略が問われています。 

|

« 国民投票法案成立へ | トップページ | 政治活動における格差 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/14700710

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の外交に思う:

« 国民投票法案成立へ | トップページ | 政治活動における格差 »