« 租税原則の見直し | トップページ | 政府は目的意識的に格差拡大を進行させている »

忠誠心???

 ほんまアホみたいな話なのが、中川自民党幹事長のコメント。安倍首相は若いけれどかりそめにもナイカクソーリダイジンなのだから、「閣僚や官僚は首相への絶対的な忠誠と自己犠牲の精神が求められている」ですと・・・。

 いつから安倍ソーリは専制君主になったんですかねえ。自己犠牲の精神は国民に対して求められているんだなどという考えは、ひょっとして間違っているのかしら、と思わず自問自答したワタクシでありました。おそらく間違っているんでしょうね。というか、曲がりなりにも、一応でも、不十分であっても日本が民主主義を旨とする国家なんだって認識が誤っているんだろうと、僕なりに結論を出した次第。

 しっかし、わがニッポン国の専制君主の情けないこと。さきの中川コメントには後段があって「首相が入室しても起立できない、私語を慎めない政治家は内閣にふさわしくない」からもっと忠誠心を持てってことらしいのです。官邸では小学低学年の世界が満開ってとこみたいですね。

 ソーリが部屋に入ってきても、鼻くそをほじくりながら足を組んで踏ん反り返ってる官僚や、閣議でソーリが発言してもおかまいなしにゴルフ談義に興じているダイジンたちがいるんでしょうか? 確かに風紀が乱れているのなら、生活指導の先生の出番ではありますが。

 官邸の風景のアホらしさは想像にかたくありませんが、それに敢然と「苦言」を呈する存在はさぞやソーリには心強いことでしょう。まったくもってご同慶の至りであります。

 まあ、人間エラくなると、一般常識では恥ずかしいことを恥ずかしいとは思わなくなるんでしょうが、彼らを養っているのはわれわれ納税者なんだということだけは、彼らがすっかり忘れていても、われわれはしっかり心に刻んでおくべきですね。

|

« 租税原則の見直し | トップページ | 政府は目的意識的に格差拡大を進行させている »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123649/13974922

この記事へのトラックバック一覧です: 忠誠心???:

« 租税原則の見直し | トップページ | 政府は目的意識的に格差拡大を進行させている »