「負け犬の遠吠え」-松井知事ってたまにマトモなこと言うなあ

 解散に大義がないってのは、まぁ「あをによし」「あかねさす」みたく枕詞みたいなものですが、そもそも解散権は総理の役得みたいなもので、突然の解散をけしからんというのは負け犬の遠吠えだと言ってのけた松井大阪府知事の感覚はしごくマトモですね。この御仁はほんとたまにいいこと言うんですよね。

 ともあれ、民進党の惨状をみれば、いま解散の好機だと安倍首相が判断するのはごくごく自然なことです。一度は(前身の民主党が)政権についたこともあるのだから、野にあってもつねに政権政策を明確にしておけばいいだけのことなのに、実は何にもないんですよね。もちろん内容、財源など実現のプロセスが具体的でなければ意味がありませんが、せいぜい3項目から5項目程度の、「私たちが政権を取ればこれだけはやる」ってのがあれば、他の野党に対してもそれを呑むか呑まないかで選挙協力の線引きをすればいいだけのこと。

 なんにもないから、野党間でもロクな政策合意もできないまま、それこそ大義のない野合になっちゃうんですよね。その最たるものが「棲み分け」というやつですが。

 枕詞だけならべた和歌を吟じる野党では、自民党に勝てるわけなどありません。安倍内閣不支持でも野党に投票する選択を躊躇する有権者は棄権する公算が高いでしょう。投票率が上がらない、結果浮動票とりわけ政権批判票が減る、組織票を固めれば勝てる、とおそらく安倍首相は踏んだのでしょう。

 だからどうするんだってことなんですが、いったん野党は壊滅して、更地からやり直すのが一番なのかなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出荷がやっとひと段落

 お盆をはさんで、結局9月にもつれこんだ夏ネギ出荷もやっと終了。合間をぬって、定植、種まきもこなしつつ、草刈、草取りもと、とにかく暇なしの日々でしたが、ほっと一息つくことができました。

 ネギは、10月半ば過ぎの出荷を目途にぼちぼちの作業。ここひと月余りは、シンデレラパンプキンのスーパー直売をちょこちょこやる予定。有機JASを7月末に取得したので多少のご利益はあるかも・・・・。米も30アール弱の作付のうち10アールが有機栽培なので、ぼちぼち実りぐあいが気になりますね。

 ともあれ、当分はマイペースでいけそうな感じ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エジプト展もクロマニヨンもいけそうにないなぁ

 盛夏、お盆も関係なくえんえん続く出荷作業。繁忙期は9月初めまでかかりそうな気配。

 福岡市博物館も、九州国立博物館も行けそうにありません。

 ビンボー暇なしを絵にかいたような日々・・・。しかも暑い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の政治も少しは健全になったのかな

 いささか牽強付会の感はあるけれど違法な手法ではないよなって程度で、一昔前なら片付いていたであろう加計学園問題。でも今回は内閣支持率を大きく左右しています。おそらく共謀罪強行採決だけでは支持率はあそこまで落ちなかったでしょう。

 個人であれ組織であれ、その要望が公共の利益にかなうものであれば、それに沿って政策を実現させることは政治の仕事です。ただ往々にして特定の個人、組織の個別利益のために影響力を行使するのが政治家の値打ちのように理解されてきたことは、決して否定できないでしょう。

 家族を特養に入れるために各級議員に口をきいてもらうってのも、そのささやかな一例です。あらゆるところにコネを持ち口利きを迅速にこなす議員が、「よくがんばってる」議員として評価されてきたのです。

 行政だって、例えば随意契約で、特定の議員の意向を一度として忖度したことがないなどと胸を張ることができる関係者がどの程度いるでしょうか。

 加計学園問題が、大問題として取り上げられたことは、「政治ってそういうものなんだ」的気分を突き破るきっかけかもしれません。この機会に議員の口利きそれ自体を制限すべきとの国民世論が湧き起こればいいのですが。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民進党の黄昏

 もはや流れ解散か・・・、ともいうべき惨状は目を覆うべくもないのですが、民進党の方々はどうも勘違いが過ぎるような・・・。

 例えば、なんでも反対ばかりで政策が見えないから支持されないとの分析など勘違いの最たるものです。民進党はそんな立派な政策を掲げているのでしょうかねぇ。政策立案能力、まして実現能力が乏しいなら反対くらいちゃんとしろよと言いたいものですが。

 もっとも、それ以前に民進党に任せるなら多少問題があっても自公政権でいいやって風潮が世論を覆っているから、民進党はトンネルからぬけだせないのでしょう。だって、自民党とさほどかわらん面々、前原、細野、枝野エトセトラなら、悪いところはあれど自民党のほうが、ダメな民進党よりマシってのは当然の帰結です。

 ワルはなにかやるけれど、ダメは何もできないですから・・・。

 民主党政権時に位人臣をきわめた面々から、完全にバトンタッチされたなら、民進党にもわずかながら生き残る可能性が生まれるでしょうけれど、それより野党戦線は一度更地からやり直したほうが、より健康的ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«春ネギ終了